茜雲残日録

アクセスカウンタ

zoom RSS カイツブリの幼鳥

<<   作成日時 : 2017/07/27 17:01   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 14

1
画像

2
画像

3
画像

4
画像


 池の左の方の奥にコウホネの黄色い花が咲いていた。

 反対側の右の方の岸辺で何か動くものがいた。

 よく見るとカイツブリの幼鳥だ。

 周辺には他の幼鳥も親鳥も見当たらない。

 1羽だけ離れて別行動したのだろうか。

 冒険旅行に出かけたのだろうか。

 手前の雑草の中にムギワラトンボがいた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
コウホネが綺麗ですね(^_-)-☆
黄色い花が池に浮かんでるようで
素敵なお写真ですね!
カイツブリの幼鳥もかわいいですね〜〜
くちばしの黄色が目立ちます(^^♪
peko
2017/07/27 18:18
こんにちは
コウホネの黄色い花の咲く中を
ひとり佇むカイツブリの幼鳥
天敵の多い自然界で無事に
成長出来ますように…
因みに雷魚等も天敵です
乙女ヶ丘
2017/07/27 19:19
コウホネ、小さな可愛いお花が川に。水鏡で水面にも黄色いお花。静かな時間ですね。川辺の写真素敵です。
かるきち
2017/07/27 21:15
コウホネの黄色い花が目立ちます。
水中花(水鏡花)も綺麗ですね。もう少し大きな画像が見たいで〜す。
カイツブリも独り立ちしたのでしょうか?
暫く天敵から逃げながら暮らすのでしょう。
信徳
2017/07/28 05:54
おはようございます。
ここ数十年見たことがないカイツブリ・・・・懐かしいです!
子供の頃、どこの池にもおり、決して珍しくなかった野鳥ですが、一体何所に行ってしまったのでしょう?
田植えが終わり、苗が生き生きとしてくる頃、親子連れ、よく見たものです。
ありがとうございました。
きまぐれ爺
2017/07/28 06:45
pekoさん
こうして池に浮かぶコウホネの群生、シャッターを切る気になりました。一つ一つは特に魅力のない花ですが。嘴が黄色、幼鳥の特徴ですね。
茜雲
2017/07/28 08:32
乙女ヶ丘さん
まだまだ天敵を警戒してか、岸近くの雑草が生い茂ったところに身を隠しながらでした。雷魚は木曽川で見かけましたが、この池には?。
茜雲
2017/07/28 08:34
かるきちさん
コウホネが水面にいくつも浮かぶ池の光景、確かに静かさを感じますね。
茜雲
2017/07/28 08:35
信徳さん
カイツブリ、独り立ちかもしれませんし、親を離れての冒険が行き過ぎたのかもしれませんね。いずれにしても岸近くの生い茂ったところに身を隠しながらの姿でした。
茜雲
2017/07/28 08:38
きまぐれ爺さん
昨年子育て中のカイツブリを撮影したことがあり、幼鳥の特徴も知っていましたので、カイツブリの幼鳥だとすぐわかりました。ありがとうございました。
茜雲
2017/07/28 08:39
どの被写体もいいアクセントになってますねー!
水辺っていいですよね。
イッシー
2017/07/28 12:21
イッシーさん
水辺は、花があったり、鳥や昆虫がいたり、私は好んで出かけ、撮っています。
茜雲
2017/07/28 13:54
こんにちは

親離れの季節でしょうか
人間の子は
中々親離れしないで
大変だよね
無門
2017/07/29 15:47
無門さん
親離れ、動物の方が青の愛情の表し方がインパクトがあるみたいですね。所詮ひとりで生きていかなければならない、分かっているからでしょう。はたして人間の場合は…。
茜雲
2017/07/29 17:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
カイツブリの幼鳥 茜雲残日録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる