茜雲残日録

アクセスカウンタ

zoom RSS 街角スナップ(2)

<<   作成日時 : 2018/06/28 14:51   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 12

1
画像

2
画像

3
画像

4
画像

5
画像


 帽子をかぶった人が店を覘いている。

 その横ではシニアの怪異三叉の店があった。

 品物を並べて準備していた。

 離してみたら今日の当番だとのこと。

 その前を乳母車を引いた女性が通って行く。

 昔懐かしいラムネも置いてあった。



  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
建物が城下町らしい雰囲気を醸し出していますね〜(^_-)-☆
たらいに並べられたラムネ^^
自動販売機の飲み物とは違って
情緒を感じますね!
peko
2018/06/28 18:39
こんにちは
城下町の古い町並みと木枠のガラス引戸に
懐かしさを感じますね
ラムネの由来がレモネードだったとは…
乙女ヶ丘
2018/06/28 19:14
人、それぞれが色んな姿で街路を行き来し
そこに人生の営みがあり街が生まれる。
昔を偲ばせるラムネサイダーを見ると65年前を
思い出してしまいます。
信徳
2018/06/28 21:48
日々の何気ない風景。いいですね。ラムネもこの暑さではごちそうですね。
前掛けをして作業している男性、いい感じです。
かるきち
2018/06/28 22:58
pekoさん
盥に水を張って冷やす、私の子供の頃はこれが当たり前でした。井戸に吊るして冷やす、これもスイカなどではありましたね。
茜雲
2018/06/29 07:50
乙女ヶ丘さん
出入り口は今はサッシの引き戸かドアーになってしましましたね。ラムネの由来、こうして表示してあるのが面白いですね。
茜雲
2018/06/29 07:53
信徳さん
観光地ではあっても、人との行き来が溶け込んでいますね。遠い子供時代のことが懐かしく思い出されますね。それだか現代にどっぷりつかっているということでしょうか。
茜雲
2018/06/29 07:55
かるきちさん
前がけの男性、シニアクラブの会員さんのようです。前掛けのみユニホームで、後はそれぞれ工夫しているとのことでした。下駄というか、「こんころ」と子供の頃異っていた履物も懐かしいです。
茜雲
2018/06/29 07:59
こんにちは

今から100年以上前
小泉八雲が焼津で
ラムネを飲んだという言い伝え
復刻版が出ています
無門
2018/06/29 16:19
無門さん
100年以上前からラムネはあるんですね。そう言えば宮沢賢治の作品にも出てきますね。
茜雲
2018/06/29 17:31
着物に下駄で闊歩したい街ですね!
一軒一軒覗きたくなるようなたたずまいですね。
イッシー
2018/06/30 08:10
イッシーさん
お盆のころは浴衣姿に下駄の人も見かけられるようですが、普段はちょっと…。
数10年前電柱を取り払ってから店も復活し、人気が出てかなりの人手のようです。車で2,30分、私の街角スナップの練習に恰好な場所、これからも撮りに行こうと思います。
茜雲
2018/06/30 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
街角スナップ(2) 茜雲残日録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる