ブログ名


 ただ今近所の居酒屋「侘助」で一杯飲んで帰ったところ。ブログを開設することとした。
 最初なので、ブログ名についてを第1回のコメントとしたい。

 定年退職後、すでに7年が過ぎた。
 定年を迎えるにあたって、これからは現役時代と一線を画し、意識的に今まで知らなかった世界に身をおこうと考えていた。その一つが、地域デビュー、すっかりご無沙汰している、地域社会にささやかでも貢献できたらと考えたのである。町内会を皮切りに区長、そして様々なボランティアの組織に身をおくことになった。いっぺんに世界が変わった。地域に顔も広がり、自分なりに力を発揮することが出来た。

 7年も過ぎるともうそろそろ卒業、そんな気がどこからともなく湧き上がって来た。まだまだ他にも知らない世界が一杯ある。そんな焦りみたいなものも…。
 これまでの生活と決別し、今まで以上に本格的な隠居へと踏み出そうと決意を固めていたところへ最後のお勤めの依頼を受けた。昨年末の12月のことである。名古屋の青年の家主催のシンポジュウムのパネリスト、瀬戸市の小学校の講話。これを最後に、そう思うと決心がついた。
 依頼を受けた二つの活動を終えての帰り道、ふと4,5年前に読んだ藤沢周平の「三屋清左衛門残日録」を思い出した。ゆくゆくは、三屋清左衛門的な、これといった決まった仕事ではなく、頼られるようなことがあれば、その時は頼りになる、そんな隠居生活を…。

 それは、「世俗」と「隠居」を併せ持つしなやかさ。「まだまだ現役」と出しゃばるわけでもなく、かといって、世俗との関わりを一切切り捨てて、超然と構えているわけでもない。そんな自然体ともいえる清左衛門のバランス感覚。そんな隠居を目指していきたいものだ、そんな風に考えて。

 ブログの題「残日録」は、物語の中で主人公の清左衛門自らが日記に冠した名を頂戴したものである。
 「日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ」と言う意味だそうだ。決して「残り日を数える」にはしたくないものだ。

 では、今後ブログを通してお付き合いの程よろしくお願いします。

画像

この記事へのコメント

  • ぽわん(畠山)

    ブログ開設おめでとうございます。

    楽しみしております、
    沢山書いてくださいよ。
    2007年01月11日 20:47
  • はなこ

    ブログ開設おめでとうございます。
    気楽に続けてくださいね。
    私のブログは覚書だと思っています。
    2007年01月10日 23:10
  • umi

    ブログの開設おめでとうございます
    私の他にBsで数人ブログ持っている方がいます
    (同じエキサイティングブログが多いです)
    私の場合文書がへたくそですので、写真と気ままなことをなんとなく書いています。又お邪魔します。
    私はBs42です。
    2007年01月10日 22:40
  • yukko

    ブログ開設おめでとうございます。
    なつかしの「日刊安東」が復活すると思うと嬉しい限りです。楽しみに拝見させていただきます。
    2007年01月10日 22:31

この記事へのトラックバック