茜雲残日録

アクセスカウンタ

zoom RSS 名古屋場所

<<   作成日時 : 2018/07/11 17:52   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 12

1
画像

2
画像

3
画像

4
画像

5
画像

6
画像

7
画像

8
画像

9
画像

10
画像

11
画像

12
画像

13
画像

14
画像

15
画像


 名古屋場所が始まっている。

 何時か遊歩道にこんな歌が掲示してあった。

 名古屋場所を楽しみにしている気持ちが伝わってくる。

 ところで、我が家から車で10分ほどのところのお寺に湊部屋の稽古場がある。

 湊部屋の看板は関脇..逸ノ城だ。

 今日も負け、1勝3敗、芳しくない。

 昨日様子を見に出かけた。

 静かな住宅地だが、幟があるのでよく分かる。

 山門のところに小学生がいた。

 ここが、この地域の集合場所のようだ。

 外国の人も見学に来ていた。

 中に入り、相撲場に向かう。

 逸ノ城はいた。

 ただ場所中であり、この日も午後本番、いわゆるスポーツで言う、ウォーミングアップ程度の動きだ。

 開脚をしたり、腕立て伏せをしたり…

 と、脇の道を小学生が通学を始めた。

 「お早う!」

 逸ノ城に挨拶をしてもらい、学校へ送り出してもらう、何と幸せな小学生だろう。

 そのうちに逸ノ城は相撲場から宿舎の方に戻ってしまった。

 私の横を通ったが、とにかく大きい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
名古屋場所ですか。めったに見られないお相撲さんを目の前に見た子供たち。どんなことを感じたのでしょうね。近くに部屋ができるとその力士たちを応援したくなりますね。
かるきち
2018/07/11 21:55
始まりましたね!
湊部屋、群馬県出身の親方ですから応援したくなります。
逸ノ城、先場所好調でしたね。実力有るのですから頑張って貰いたいものです。
モンゴル力士の悪い人に感化されないでいる一人ですから余計に応援したくなります。
信徳
2018/07/11 23:52
かるきちさん
1年に1回はこういう機会があるので、小学生たちには慣れっこになっているのかもしれません。こうした環境の中から相撲好きが出てくるといいですね。
茜雲
2018/07/12 07:58
信徳さん
滅多に見ない親方、この日はちらっと見かけました。またブログで紹介します。
例の事件、貴乃岩とは先輩後輩の関係にある逸ノ城、あの事件のモンゴルの会には出ていませんでしたね。
茜雲
2018/07/12 08:04
こんにちは
毎年七夕=名古屋場所ですね
逸ノ城、好きな関取の一人です
未完の大器なのか?大器晩成なのか?
朝青龍の強かさが少し加われば横綱も…
乙女ヶ丘
2018/07/12 08:34
乙女ヶ丘さん
最初の頃は、あれよあれよと大関、横綱までそのまま上り詰めてしまうのではないかと期待されましたが、残念。ここに来て以前の力を出し始めましたが、今場所は今一つですね。
茜雲
2018/07/12 08:53
お寺さんに稽古場が有るんですか。
夏場はそばを通るだけで熱量が凄そうです。
身近で見ていると応援したくなりますよね。
イッシー
2018/07/12 12:06
イッシーさん
どの部屋もほとんどがお寺に稽古場を持っています。私のところから一番近いのがこの寺です。逸ノ城がいるから私も出かけています。テレビにも熱が入りますね。
茜雲
2018/07/12 12:45
お相撲さんの稽古場がそばにあるのはいいですね。
普段の姿が見られます。
やはり大きいですね。
親近感を覚えますね。
はるる
2018/07/12 19:26
こんにちは

幕下時代から
逸ノ城を追い続けていますね
怪我さえなければ
横綱張っている逸材だったね
無門
2018/07/12 20:12
はるるさん
逸ノ城の大きさ、目の前で見ると、半端ない、です。
茜雲
2018/07/13 07:46
無門さん
怪物と言われた逸ノ城、その怪物ぶりを発揮して騒がせてほしいものです。
前に出かけたときは機嫌が良かったか、私と二人でカメラに収まってくれました。
茜雲
2018/07/13 07:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
名古屋場所 茜雲残日録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる